盆栽鋏
To English page

盆栽、盆栽道具、盆栽鋏、又枝切、接木刀、如雨露、ピンセット、小枝切鋏、芽摘み鋏、葉刈り鋏、肥料、癒合剤


(お知らせ)
2月5日(月)〜16日(金)まで東京で開催される「立春盆栽大市」  また、2月16日(金)〜18日(日)名古屋で開催される「小品盆栽フェア東海雅展」に出店のため、メールの返信が送れる場合がございます。何卒ご理解ください。ご注文いただいたものに関しましては、店舗スタッフが随時発送させていただきますが、発送まで3〜4日かかる場合もございます。お急ぎの場合はご連絡ください。何卒ご理解下さい。

(注)2月5日(月)〜18日(日)まで後払い.comでのお支払いは休止させていただきます。

*立春盆栽大市 *開催期間は8日(木)〜16日(金)です。
http://www.bonsai-tool.net/kane55/1.1/536/

東海雅展
http://shonai-ryokuchi.jp/events/exhibition/3503/

 
トップページへ お支払い方法 配送方法・送料 返品・交換
ポイント・注文照会、会員情報修正 会員登録ポイント使用方法
卸販売に関して 買い物かご 紛失ID問い合わせ 商品検索
Q&A ご注文方法 兼進作とは?  
ID : PW :
() 様の訪問を歓迎します。

 



兼進の盆栽鋏は「付け鋼」という製造方法で作られております。

それに対して、大体安価の盆栽鋏は
「全鋼(ぜんこう)」という製造方法で作られております。全鋼とはその名の通り全て鋼(はがね)で出来ています。






 
地鉄(じがね)に鋼(はがね)をくっつけて作ります。そして、下の図のように地鉄を削っていて、鋼を外に出します。それをさらに削っていき、鋭利な刃に仕上げていきます。地鉄と鋼と組み合わさることにより、鉄の柔軟性鋼の硬さが上手くまじわり、より丈夫にそして、切れ味の鋭い鋏に仕上がっていきます。

  日本刀とはまた、作成方法は違いますが、日本刀もまた、地鉄と鋼を組み合わせて造っております。

 また、、付け鋼は鉄が混じっているため、全ての部分を焼きいれが可能になります。

それに大して、
全鋼は刃の先部分しか、焼き入れが出来ません。全て鋼の状態で焼き入れすると硬くなりすぎてしまい、割れてしまいます。そのため、全鋼の場合は刃の先部分しか焼き入れをしません。

焼き入れが出来るということは靭性(粘り強さ)、硬度が増し、長持ちそして、切れ味も持続致します。






 
全て鋼(はがね)で作られております。全て鋼の状態ですので工程が少なくすみますのでコストが低く仕上がります。ただ、「付け鋼」の部分で申し上げたように、焼き入れが刃の先しか出来ません

それにより、全鋼の靭性(ねばり強さ)、硬度が付け鋼のそれよりも劣ります。また、刃を砥いでいくと焼きいれしていない部分に当然行き着くわけですのでだんだんと切れなくなっていきます。


 このような製造方法がございますが、同じ素材、同じ作成方法をしたとしても、全ての工場、職人で同じ質の鋏が出来ることはございません。焼き入れの管理、刃付け(刃を研ぐ)また、様々な要因で、質は変わっていきますことご理解下さい。